FC2ブログ
メールアドレス
皆様のご質問、ご意見、ご要望などは、すべてこちらまでお願い致します。

inomira.aichi★gmail.com(★を@に変えて下さい)
スポンサーサイト



[2014/01/21 20:20] お問い合わせ | トラックバック(0) | コメント(0) | @
コーディネーター&プロモーター
小島鐵也

いのちと未来を守る愛知の会の小島鐵也です。皆様のご要望と旅のプランをマッチングさせるコーディネーター役を担当しています。皆様の旅を安全で思い出深いものにするために全力で頑張ります。情報発信やイベントの担当もしていますのでそちらもよろしく。
[2014/01/21 20:14] ボランティア紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
いのちと未来を守る愛知の会とは?
東日本大震災以降に発生した様々な問題を被災地域の方と共に考え、応援し、愛知県民との相互交流を目指す市民団体です。普段はそれぞれの活動に取り組む多様な市民が、少しずつ力を出し合って活動を維持しています。

〈主な活動〉

現在の主な活動は東北愛知交流促進事業(ショートステイプログラム)です。現在あいちモリコロ基金の助成金(初期活動)を受けて活動をおこなっていますが、自立的な運営を目指して一般の皆様からのご寄付を呼びかけています。

〈東北愛知交流促進事業とは?〉

被災地域に暮らす方々を愛知にお招きし交流会や講演会を開催したり、愛知のことをより深く知っていただくための観光案内をおこなっています。また愛知から被災地域へ足を運び、物資を交換したり、現地の方との親睦を深める活動をおこなっています。
[2014/01/19 13:17] この会について | トラックバック(0) | コメント(0) | @
会計(中間)報告
1月9日(木)、東北愛知交流促進事業(ショートステイプログラム)の第1便が終了しましたのでご報告致します。

〈収入の部〉※2014年1月16日現在

あいちモリコロ基金助成金・・・¥290,000-
寄付金・・・・・・・・・・・・¥1,000-

〈支出の部〉

レンタカー代・・・・・・・・・¥78,519-
ガソリン代・・・・・・・・・・¥60,961-
高速代・・・・・・・・・・・・¥20,750-
駐車場代・・・・・・・・・・・¥250-
新幹線代・・・・・・・・・・・¥51,320-
国内旅行保険・・・・・・・・・¥5,000-
会場費・・・・・・・・・・・・¥3,000-
コピー代・・・・・・・・・・・¥300-
写真代・・・・・・・・・・・・¥3,990-

合計・・・・・・・・・・・・・¥224,090-

〈残金〉

合計・・・・・・・・・・・・・¥66,910-

〈第2便予算〉

レンタカー代・・・・・・・・・¥30,000-
ガソリン代・・・・・・・・・・¥40,000-
高速代・・・・・・・・・・・・¥20,000-
駐車場代・・・・・・・・・・・¥2,000-
新幹線代・・・・・・・・・・・¥39,880-
国内旅行保険・・・・・・・・・¥4,000-
講演会運営費・・・・・・・・・¥50,000-
会場費・・・・・・・・・・・・¥3,000-
コピー代・・・・・・・・・・・¥2,000-
写真代・・・・・・・・・・・・¥5,000-

合計・・・・・・・・・・・・・¥195,880-

〈現時点での不足金〉

合計・・・・・・・・・・・・・¥128,970-

〈反省点〉

当初は1つの便で全ての事業を完結させる予定でしたが、長期滞在可能なご家族からの応募が1件もなく、最終的に2つの便に分けるという判断をしたことと、ガソリン代と高速代が予定より多くかかってしまったことなどが予算超過の主な原因です。この点は大いに反省しなければなりません。

〈ご寄付のお願い〉

現在、当初の予算を大幅に超過して第2便の予算を先食いしている状態にあります。そのため今後は大幅な経費削減と皆様からのご支援が必要不可欠な状況にあります。会として当初の予算に無理があった点は反省しなければなりませんが、今後の事業継続のために、どうか皆様の温かいご支援をよろしくお願い致します。

〈ご寄付のお振込先1〉

ゆうちょ銀行 089店 当座 0170317
イノチトミライヲマモルアイチノカイ

〈ご寄付のお振込先2〉

ゆうちょ銀行 218店 普通 2440401
イノチトミライヲマモルアイチノカイ

※ご寄付の金額は問いません、1円からで結構ですので、皆様の温かいご寄付をお待ち致しております。

※ご寄付をいただいた方には、ご希望によりお名前を公表させていただきます。
[2014/01/19 07:51] 会計報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
東北愛知交流促進事業(ショートステイプログラム)の目的
1.被災した地域で暮らす皆様と愛知で暮らす私たちとの交流

被災地域で暮らす皆様が口々におっしゃる「東日本大震災を忘れないでほしい」という思いに応えるためには、お互いの顔が見える交流が欠かせません。そこで私たちは「相互交流」をテーマに、被災地域と愛知を定期的に往来する東北愛知交流促進事業(ショートステイプログラム)を立ち上げました。この事業は単に被災地域の皆様を「受け入れる」のではなく、お互いの暮らす地域に実際に足を運んで実情を知ると共に、人と人の繋がりを豊かにすることに主眼を置いています。

2.世帯単位の交流で多様なニーズに応える

すでに愛知では被災地域で暮らすお子様の保養を受け入れる団体が数多く存在しています。しかしその多くは学齢期のお子様を対象としており、未修学のお子様や乳幼児、妊婦さん、障害や難病等で通常の保養に参加することが困難なお子様への対応については必ずしも万全ではありませんでした。そこで私たちは世帯単位での受け入れを基本とすることで多様なニーズにお応えし、一般的な保養プログラムの補完的な役割を担っていければと考えています。

3.往来時の空席を利用し、物資の流れも作る

私たちは各地域で活動されているNPO団体や農家の皆様のご協力を得て、お互いの地域で暮らす生活支援のために様々な物資の流通にも力を入れています。愛知からは特にニーズの高い野菜(流通に乗らない規格外の野菜や採れ過ぎた野菜)を被災地域の皆様にお届けし、被災地域からはNPO法人FUKUSHIMAいのちの水さんと連携し、余剰物資(企業が廃棄したい食料品の在庫)の引き取りをお手伝いします。
[2014/01/18 14:32] この会について | トラックバック(0) | コメント(0) | @
東北愛知交流促進事業第1便(6日目)
様々な方の善意に支えられたこの活動も今日で一区切り。

郡山へ向かう高速道路

東北自動車道から見る西吾妻山です(撮影は交代要員の運転手)。

ごはんとみそ汁と納豆

パーキングエリアにて朝食(ごはんとみそ汁と納豆を単品でそれぞれ注文・漬け物は無料)。

福島県の<br />業務用スーパー

福島県の某スーパー。当然ながら福島県産の野菜が売られています。

郡山駅前に設置された線量計

郡山駅前に設置された線量計の数値は「0.188μSv」

NPO法人FUKUSHIMAいのちの水

"NPO法人FUKUSHIMAいのちの水"にやってきました。こちらのNPOでは企業が廃棄したい食糧品などを引き取って妊婦さんや小さなお子様がいるご家庭に無料で配布する活動をおこなっています。

持参した水を寄付

私たちも持参した水を寄付しました。

奪われた以上の夢を、失った以上の希望を

NPO法人FUKUSHIMAいのちの水の倉庫の壁に貼られていた標語です。しっかりと胸に刻み付けて帰ろうと思います。

※この活動は"あいちモリコロ基金"の助成金事業です
※飲食代は助成金には含まれていません
[2014/01/14 15:09] 活動報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
東北愛知交流促進事業第1便(5日目)
今日は終日クルマ移動。福島のご一家とも今日でお別れです。

藤枝パーキングエリア

藤枝パーキングエリアで昼食をとることにしました。

丸亀製麺・釜あげうどんと野菜かき揚げ

釜あげうどん(並・280円)と野菜かき揚げ(130円)、この日は釜あげうどん半額デーということで、合計270円(あげ玉と薬味は無料です)。

まかいの牧場で記念撮影

静岡県富士宮市の"まかいの牧場"にやってきましたが、時間が無いため中には入らず記念撮影のみ。

富士山の前で記念撮影

国道139号線沿いの富士山がよく見える安全な場所でも記念撮影。

幸楽苑のラーメンと餃子

福島のご家族をご自宅までお送りし、幸楽苑にて遅い夕食(中華そばと餃子・490円)。

※この活動は"あいちモリコロ基金"の助成金事業です
※飲食代は助成金には含まれていません
[2014/01/14 14:53] 活動報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
東北愛知交流促進事業第1便(4日目)
ロッジで記念撮影

いよいよ今日はショートステイの最終日ということで、宿泊先のロッジで記念撮影。

交流会の様子

午前中、2回目となる交流会では、県内各地から19名(大人15名、子ども4名)の方にご参加いただきました。

交流会の様子

こちらから呼びかけたわけではないのですが、多くの方からカンパや差し入れをいただきました。ありがとうございました。

豊橋市民病院

午後、長男のA君が耳の不調を訴えたため、急遽、豊橋市民病院にやってきました。診断は中耳炎でした。

赤塚山公園で記念撮影

豊川市の赤塚山公園にやってきました。

ぎょぎょランドの入口で記念撮影

休日はいつも親子連れで賑わう無料の淡水魚水族館"ぎょぎょランド"です。

魚に見入る一家

無料なのが不思議なくらい充実した施設です。

魚に見入る親子

国内だけでなく海外の淡水魚も展示されています。

魚に見入る子ども

子どもたちは興味津々。

味噌煮込みうどんとどて煮

夕食は愛知の郷土料理"味噌煮込みうどん"と"どて煮"です。

※この活動は"あいちモリコロ基金"の助成金事業です
※飲食代は助成金には含まれていません
[2014/01/14 13:30] 活動報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
東北愛知交流促進事業第1便(3日目)
レンタカーの前で記念撮影

今日は交流会の予定がないため三河地方を観光案内します。

スキー場のゲレンデ

宿泊先からクルマで1時間ほどの場所にある"茶臼山スキー場"にやってきました。

そり遊び用のベルトコンベア

リフト(ベルトコンベア)やレンタル品は有料ですが、それらを利用しなければ基本的に無料で楽しめます。

そりで滑る子ども

福島では子どもたちの外遊びに制限がありますが、ここでは思う存分楽しめます。

そりで滑る子ども

そりで滑って、また上のほうまで駆け上がって、良い運動です。

家族で記念撮影

良い思い出になりました。

花祭りの鬼の前で記念撮影

次は"花祭り"で有名な東栄町の"とうえい温泉"にやってきました。

隠れた名所へ移動

実は"とうえい温泉に"は隠れた名所があります。

蔦の渕

とうえい温泉の隠れた名所"蔦の渕"の大滝です。

蔦の渕

"蔦の渕"がよく見える展望台で記念撮影。

走る子どもたち

大自然を堪能し、次なる目的地へ移動します。

さんぽ道の前で記念撮影

豊川市の隠れた人気店"さんぽ道"にやってきました。残念ながら店内は撮影禁止のため外で記念撮影。

茶ー民の前で記念撮影

豊橋市花園通商店街の"茶ー民"というお店にやってきました。

フレンチトースト

ボリューム満点のフレンチトースト(400円)を注文。

味噌かつを囲んで夕食

今日の夕食は愛知の郷土料理"味噌かつ"と差し入れの"うずらの卵"で"串揚げ"を作りました。

※この活動は"あいちモリコロ基金"の助成金事業です
※飲食代は助成金には含まれていません
[2014/01/14 11:51] 活動報告 | トラックバック(1) | コメント(0) | @
東北愛知交流促進事業第1便(2日目)
豊川稲荷

午後の交流会まで時間があるため、豊川市の豊川稲荷へ初詣にやってきました。

大葉天ぷらいなり

人気店の1つ、来恩の「大葉天ぷらいなり」をご試食中。

フランクフルト

お正月三ヶ日は境内に処狭しと露店が軒を連ねます。

裏参道

さて、この先にはいったい何があるでしょう。

霊狐塚

なんと1000体以上の狐が祀られている"霊狐塚"です。

霊狐塚で記念撮影

というわけで記念撮影。

大黒天

こちらの大黒天様をさわってお願いをすると、その願い事が叶うそうです。

飴細工の露店

精巧な飴細工の露店もお正月ならでは。

移動中に焼きそばを食べる子ども

焼きそばを買ってもらって大満足のCちゃん。

新春交流会

お正月三ヶ日の最中にも関わらず、交流会は個人や団体で様々な活動をされている方を中心に17名(大人12名、子ども5名)の方にお集りいただきました。

新春交流会

参加された方それぞれがフラットな立場でお話ができる自由度の高い交流会です。

寿がきや

交流会の帰りに愛知県民のソウルフード"寿がきや"にて夕食。

※この活動は"あいちモリコロ基金"の助成金事業です
※飲食代は助成金には含まれていません
[2014/01/14 11:25] 活動報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
東北愛知交流促進事業第1便(1日目)
東京駅

新幹線で愛知に向かう福島のご一家。

豊橋駅

愛知県の東の玄関口である豊橋駅に到着しました。

子どもたち

お迎えの運転手が宿泊先の鍵を忘れて取りに帰ったため、待ち合わせ時間に遅れてしまい子どもたちが暇をもてあましています(すみませんでした;)。

ロッジ

支援者の方から無償で提供していただいた宿泊先のロッジです。

ロフト

なんとロフト付き。

太鼓の達人

子どもたちは長旅の疲れも見せず、ロッジに備え付けの"太鼓の達人"で遊んでいました。

味噌おでん

夕食は愛知の郷土料理の1つ"味噌おでん"

子どもたち

なかなか好評でした。

※この活動は"あいちモリコロ基金"の助成金事業です
※飲食代は助成金には含まれていません
[2014/01/14 10:26] 活動報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR